読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

My favorite Tokyo~#116 選ばない勇気。

f:id:hiro1981022116:20160417145432j:plain

僕の住んでいる恵比寿に、新しい商業施設「 アトレ恵比寿西館」が一昨日オープンし、大変な賑わいをみせているようです。

 

※写真は新宿駅の東口の様子です。

 

正直、僕は全く興味がありません。

むしろ、この「 アトレ恵比寿西館」は恵比寿の街の良さを減退させるのではないか?と思っています。

渋谷化する、ショッピングエリア化する恵比寿は魅力的でしょうか?

 

この「 アトレ恵比寿西館」のみならず、最近は大型商業施設のオープンラッシュです。

新宿、銀座・・・あえて、商業施設名を書くことはしません。

 

17年前、東京にきて驚いたことは、免疫はできていたつもりでしたが、「物」と「行く場所」の多様性でした。

もちろん、ヒトもです。

 

毎日がお祭りのようで、どこに行くべきか迷い、並べられたモノの多さに物欲が刺激されます。

1日24時間、1年365日では足りません。

 

だから、「選ぶこと」が大切な街です。

 

でも、最近、思うのです。

大切なのは、「選ぶこと」よりも「選ばない勇気」。

 

良く仕事をする上で大事なこととして語られますが、「何をするかより」も「何をしないか」が大切。

 

選択肢が多く過ぎて、手の届きそうなところに何でもある街です。

 

数をこなすことも大事です。

 

でも、思うのです。

「選ばない」ことを選ぶと自分にとって、本当に大切なこと、欲することが見えてくると。

それは1番消耗するアクションです。

 

僕も1番メンタル的に消耗するのは、物件のご案内よりも交渉よりも、物件の検索・選定の時です。

数え切れない位建物がある街で、1つの駅と物件を選ぶこと。

人様の一生を左右することのベースとなるアクション。

 

東京は消耗する街と言われます。

そして、人が多すぎて、自分の存在が見えにくくなるとも。

 

本当にそうでしょうか?

 

僕はそう思えません。

日々「選ばない勇気」を試される街です。

そんな繰り返しによって、こんなに自分を感じることができる街は中々ないのではないでしょうか。

 

選ばない勇気。がある東京がMy favorite。