読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

My favorite Tokyo~#104 フロラシオン青山

f:id:hiro1981022116:20160412135816j:plain

一昨年末に閉鎖されてから、囲いをしてあるままの状況の「フロラシオン青山」

 

昭和45年開業。

 

この前を通る度に、僕の想像力は昭和への走り出します。

次々と工事が進んでいく国立競技場に対して、ここだけは時間が止まったいるかのよう。

 

青山らしい気品のある雰囲気。
だけど、名前とは裏腹にどこかあか抜けない雰囲気もあるこのホテル。

その歴史をたどれば、東京都の先生たちの福利厚生施設だと言われれば、納得です。

ただ、僕はそんな雰囲気が好きでした。

 

「アニヴェルセル」より「フロラシオン」で結婚式の方が、僕はしっくりきます。
アニヴェルセルもいいなと思いますが。

 

まだ跡地は利用は決まっていないようです。

 

閉館理由はお金です。(耐震工事費用の捻出と利用状況)

 

周辺は、国立競技場のみならず、再開発が目白押しです。

青山学院前の子供の城、エイベックスさんの本社跡、ベルコモンズ、青山北町アパート、南青山第一マンションズ。

再開発のみならず、表参道はお店の入れ替えが激しい街です。

 

過去と未来しかないような街で、今の状態の「フロラシオン青山」が、「今」を教えてくれるような気がしまいます。