読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

My favorite Tokyo~#82 路上の記憶

f:id:hiro1981022116:20160405225527j:plain

焼き鳥屋さん(お惣菜屋さん)の路上販売です。

お店の中ではなく、思わず路上で食べる一本は至福の時。

 

この風景、下町ではありません。
恵比寿の路上です。

 

こんな風景、下町や田舎だけのものだと思っていました。

 

間もなく恵比寿に引っ越して、3年が経ちます。

憧れと不動産屋としての経験として選んだ山手線のウチガワ生活です。

 

交通手段が電車から自転車に変わり、その分、山手線のウチガワと、その付近。
色んな場所に行きました。時間帯も問わず。
朝は苦手なので、早朝以外。

 

その中で、思います。

実は、「都心の方が田舎ではないか?」と。

 

例えば、幹線道路から一本入れば、狭い道・迷路みたいな道が多い分、子供たちが走り回っている姿。
キャッチボールやバドミントンをしている時もあります。

 

例えば、居酒屋さんで初めてお会いした実はご近所さんと、いつの間にか仲良くなって、ベロベロになったり。

 

例えば、あそこに行けば誰かいる。
そんなちょっとした安心感があるような場所があったり。
それは、決してショッピングセンターではありません。

 

例えば、「慶応仲通り商店街」のような、昔はどこにでもあったような商店街があったり。

 

これって、僕が小さな頃、富山で見ていた・経験していたようなことです。
※飲酒以外。

 

人が冷たいとか無機質とか、理性と経験を欠いた言葉で、批判されることもある東京ですが、どこに住んでようが同じ感情をもった人間。

 

僕はこれからもこんな東京であって欲しいなと思います。