読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

My favorite Tokyo~#42 境界線

f:id:hiro1981022116:20160321192133j:plain

東京で生活を始めて新鮮な感覚だったことのひとつに、ほぼ毎日「区と区」、あるいは「都と県」の境界線を超えることでした。

 

電車で10数分で、あっと違う県に行けること。
あるいは自転車でも、歩いてでも数分。場所によっては、隣の区画が他の行政区域。

 

冨山にいた頃は、ありえない事でした。
学校も遊びもほぼ同じ市内。
行動の99%は市内で完結していました。

たまに他の市に行く時は、主に両親の車で両親の実家に行ったり、部活の試合位。
なので、他の市に行くことは小旅行のようなもので、少しワクワクしていました。

 

それが今は当たり前のように境界線を超えています。
もちろん、東京と富山では広さの違いはありますが。

いくつになっても、境界線を越える時の「少しワクワク」は忘れたくないものです。