読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

My favorite Tokyo~#35 池袋西口公園

f:id:hiro1981022116:20160315020647j:plain

上野公園、代々木公園、日比谷公園芝公園・・・

 

東京には多くの公園がありますが、僕にとっての東京の公園と言えば「池袋西口公園」

 

初めて東京に住んだのは池袋駅の西口を起点とする東武東上線
なので、良くフラっと行きました。

 

公園=土と木と滑り台と砂場。プラス、ブランコ、ジャングルジム。あとはベンチとおじいちゃん、おばあちゃん。

 

そんなイメージで育っていた僕にとって、この公園に初めて来たときは衝撃的でした。

土もなく、滑り台も砂場もブランコもなく、おじいちゃん、おばあちゃんの姿もなく。

 

目の前には、コンクリートとハイカラな東京芸術劇場
殴られ屋さん、無国籍、年齢不詳、リトル人種のルツボ。

 

夜になると、その流れは加速します。

 

初めて訪れてから、17年が経とうとしています。

 

東京芸術劇場は大規模リニューアルし、池袋西口ロータリーも再開発が進み、広場が大きくなりました。

 

でも、この場所はこのまんま。

 

相変わらず、リトル人種のルツボだし、覚えたての煙草を吹かす若い人(僕もそのひとりでした)、ボーっとしている人、待ち合わせをしている人、奇声を挙げている人。

 

そういえば、東京で初めて人を好きになり、告白したベンチもまだありました。

 

公園というより、どう見ても広場だけど、このまんま。

「このまんま」がいい池袋西口公園でした。

 

石田衣良さんの小説「池袋ウエストゲートパーク」の舞台にもなったとは、説明したくない場所でもあります。