読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

My favorite Tokyo~#33 空間の使い方

「決まらない不動産はない」

 

僕たち、不動産業界のに伝わる格言です。
(これからの人口減少時代に通用するかは疑問ですが)

 

皆さんも一度や二度、目にしたことがあるのではないしょうか?

 

誰が借りるんだ(使うんだ)こんな所。
と思っていた物件(場所)にいつの間にかお店が出来ていたことを。

 

東京は空間の使い方が抜群に上手いと思います。
※まだまだ規制緩和が足りない等の話しをすると、ややこしくない、議論になるので触れません。

 

取り壊しが決まっているビルをギャラリーにしてみたり、古民家をカフェしてみたり。

いつの間にか出来ていたシェアハウスにシェアオフィス。


サードパーティー用のスペース。

 

一通りの少ない、閑静な住宅街、人通りの少ないの路面には、運送会社さんのデポ。

 

最近のトレンドは、僕も通っている「マシンだけの24時間ジム」

地下でも可能だし、空調さえあえば(できればシャワーも)、大規模な設備もいらない。
駅から多少遠くても、人が住んでいれば、問題ない。

 

イデアを持っている人がいて、受け入れるオーナー様もいる。そして、形になる。

最近は、駐車場をただの車を停める場所ではなく、目的地、エンタテイメントの場所に変えよう!!という方にお会いしました。

 

今は欠かすことの出来ないコンビニも黎明期の頃は、あまり望まれないテナントでした。

24時間営業、不特定多数がくるので、他のテナントさんたちのクレームになりやすいからです。

 

明日はどんな空間がこの街に登場するのだろう?
間もなく咲き始める桜のつぼみのように、期待感で今日も胸が膨らみます。

 

しっかり学び、富山に還元できるようにしたいと思います。

 

今週もありがとうございました。

良い週末を!!!