読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

My favorite Tokyo~#32 神宮前交差点(原宿駅)

f:id:hiro1981022116:20160310184746j:plain

神宮前交差点から見る表参道が好きです。

 

僕がこの場所が好きな理由、、、

 

交差点沿いに建つ日本初の億ション、かつてはジャニーズ事務所の合宿所もあったコープオリンピアはもちろん(その物語は後日)、オリンピック橋から望む渋谷駅周辺、背後にある代々木公園・明治神宮

 

歴史と文化のクロスロード的な雰囲気ももちろんですが、、、

f:id:hiro1981022116:20160310184822j:plain

僕がこの場所が好きな理由、、、

 

ここから表参道を見ると、明治神宮前の交差点までは下り、そこから緩やかな上りが続きます。

 

そして、ちょうど目線と同じ高さに表参道の交差点が戻ってきます。

その距離、約1.1キロメートル。

 

5月頃になると、その先の季節の力強さを感じさせるような、鮮やかな若葉。
12月になると、恋のクライマックスに向かう二人の背中を押すかのようなイルミネーション。

 

その距離、約1.1キロメートル。

 

歩いて15分位の道のりなのに、街の景色が一変します。

 

青春真っ盛りの原宿。
時間を味わうことを覚えた表参道。

 

僕がここが好きなのは、街のコントラストではなく、人の流れ。

 

その距離、約1.1キロメートル。

 

人の流れを眺めていると、それぞれの坂の上、原宿駅表参道駅までたどり着く人はあまりいないことに気が付きます。

 

みんな坂の上は見えているのに。

 

途中で通りから姿が消え、それぞの目的地に向かいます。

 

坂の上にたどり着くと、その街の物語が終わるというのでしょうか。

 

次の約束が決まっているがために、今はまだ愛を伝えることを心にしまんでいるかのような、その答えをあえて聞くことのこばんているかのような恋心のもどかしさ。

 

坂の上に向かわないのは、そんな思いを秘めているからかもしれません。

人の秘めたる思いを感じる1.1キロメートルの眺めです。