読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

My favorite Tokyo~#27  愛に出逢う休日。 表参道(港区南青山3-14、キルフェボンさん、ブルーボトルコーヒーさんあたり)

My favorite Tokyo

f:id:hiro1981022116:20160307003326j:plain

街並みも人の様子も。
コントラストが強い東京が大好きです。

 

それは時として、刹那的に感じることもありますが、この場所は少し違います。

f:id:hiro1981022116:20160307003454j:plain

愛の予感

 

平日は住宅街、美容室、そして私服系ビジネスパーソンだらけ。
土日祝祭日は、愛の溢れる場所。

 

f:id:hiro1981022116:20160307003529j:plain

長く険しい愛へのファイナルディスタンスを経て、辿り着いた始まり、人生の最良の日のひとつを迎えるふたり、つまり結婚式が多い場所です。

 

その雰囲気を味わいたくて、休日出勤もいいかなと思ってしまう場所。

メインストリートの喧騒も落ち着き、いわゆる青山らしく、お散歩が街歩きが心地良いです。

 

f:id:hiro1981022116:20160307003556j:plain

さて、間もなく「My favorite Tokyo」を始めて1ヶ月が経ちます。

直接ご本人にはお伝えするのは、こちょがしい(=富山弁でくすぐったい)がするので、この場で一言、二言。

 

きっかけは僕のメンターとも言える書道家の方であり、富山で輝いているイラストレーターの方でした。

 

真似でした。

 

でも、こうやって毎日考えていると、どんな風に自分が東京を見ているか、改めて勉強にもなりますし、もっともっと東京を好きになって、いろんな人にその魅力を知ってもらいなと思います。

 

なので、これからも続けます。

 

そして、同時に書く時、比較として自然と頭の中にあるのは、故郷、冨山です。

 

ふたつの場所を愛している。

 

改めて感謝します。

 

お手すきな方、これからもお付き合い下さいませ。
逆に皆さんからも学んでいきたいと思っています。

よろしくお願い致します。