読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

35歳。

日々雑感

f:id:hiro1981022116:20160222213425j:plain

朝から本当に多くのコメントやメッセージ、LINEで温かいお言葉を頂き、ありがとうございます。

 

いつもの休日より早く起きて、ハーフ分、走って、丈夫な体になったんだなと両親を思い浮かべました。

 

35歳にしては、あまりにも未熟です。

毎日毎日、「ありがとう」と「ごめんなさい」です。
不義理なこともしてしまったと思います。
力が至らず、ご迷惑もおかけしましった。

 

ここ1年は気持ちの振れ幅が多く、毎日が模索してばかりでした。

吠えてばかりで、何ひとつ実現出来ない自分。

都心最高って言ってばかりで、見せ方ばかり気にして、中々中身が伴ってきませんでした。

 

多くの経験をさせて頂いた1年でした。

 

「東京」で生きる方も「富山」で生きる方も素敵な方ばかりでした。

北陸新幹線が近づけた距離に、1番感化されたのは僕で、東京と富山。
その間で、揺れ続けていました。

その揺れを利用して、強くなろうと思いました。

 

ただ、振り子には確固たる軸がないと、強さは増しません。
すぐに壊れてします。

この1年、うまくいかなかったことは、その軸を探す、作る時間だったんだと思います。

 

まだまだ揺れる続ける35歳ですが、やっぱり今の仕事が大好きだし、不動産を通して、東京も富山に関わっていきたいと思います。

不惑を迎えるころには、東京で目標を成し遂げて、胸を張って、故郷に帰ります。

そして、その8年後には市長です。

 

今日の東京の朝は曇り空でした。
雨がぱらつきそうでした。
洗濯物を干そうか、外出も迷いました。

今、試されいるのは、曇り空の向こう側の青空を信じて、踏み出して、流れ星になることができる勇気です。

 

あと1年で人生の半分を東京で過ごすことになります。

今一度、初めてこの街にきたときの気持ち、初めて仕事で勝ち取った時の気持ちを思い出し、明日から進んでいきます。

 

これから、東京で1番大好きな場所で、とことん酔っ払います。
親父が生まれ育った街で採れたご飯を頂きながら。

f:id:hiro1981022116:20160222213459j:plain

僕は神様のように立派な心も、名前のような寛大な人でもないけれど、一歩一歩進んでいきます。
絶対。

 

f:id:hiro1981022116:20160222213508j:plain

これからもよろしくお願いいたします。
これからもありがとうございます。ごめんなさい。