読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中島寛のMy favorite Tokyo

富山県高岡市出身の不動屋です。 東京が大好きです。富山(地方)出身者から見た・感じた東京の魅力(主に不動産や街の雰囲気について)を感じたままに書きます。

My favorite Tokyo~#164 屈折して生きる

東京の人が空を欲しがるのは、まっすぐな日差しを浴びたいから。 そして、いつも屈折して生きているから。 東京で生きることは、屈折して生きることだと思います。 屈折して生きる。 今日はビルにぶつかった。 昨日は人にぶつかった。 君はこの街の光り。 そ…

My favorite Tokyo~#163 変わろうとする力

昨日は、池袋駅西口の再開発が「三菱地所さん」と「三菱地所レジデンスさん」の2社を事業協力者として選定されたとのニュースが入ってきました。 再開発の詳細はこちら。 ryutsuu.biz僕も14年間、池袋に通い続けたので、何とも感慨深い気持ちになります。 た…

My favorite Tokyo~#162 緩衝地帯

最近、ほぼ毎日通っている神宮外苑。 ここが好きって言う方たちの気持ちがよく分かる気がします。 数メートル進むだけで街並みが変わる東京で、ここだけが緩やかなシフトチェンジが許されているような場所。 背筋もヒールもピンとする青山からハーフパンツと…

My favorite Tokyo~#161 東京のワナ

昨日は山手線一周ラン(外回り)でした。 変わりゆく大好きな街、東京密度を感じながら、来月の高岡万葉マラソンと富山マラソンに向けて、しっかりトレーニング。 初めは順調でしたが、ついつい寄り道してしまい、ただ、困ったこと、中々前に進みません。 行…

My favorite Tokyo~#160 紀尾井町

今、東京で大人を連れ出すのは銀座でもなく、青山でもなく、「紀尾井町」。 僕はそう思います。 決して赤プリの再開発後の「東京ガーデンテラス紀尾井町」が出来るおかげだけではありません。 少し羽を広げたい時は、道を挟んで赤坂見附方面へ。 翼を休めた…

My favorite Tokyo~#159 真夜中のショーウィンドウ見学

オフィスのある表参道は、都内有数のショッピングエリア。 多くのハイエンドなブランドがあり、平日も休日も多くでごった返しています。 物販店舗が多く、一本道を入れば住宅地という立地から、夜は静けさを取り戻します。 そうすると、昼から夜にかけて華や…

My favorite Tokyo~#158 シャワールームからの太陽を諦めるな!!!

まだ見ぬ物件に出会うことができる可能性の高い東京が好きです。この物件もそんな物件です。バスルーム上部に窓があるため、日光が入ります。 まさしく、シャワールームからの太陽を諦めるな!!!恵比寿でベスト3に入る「ザ・デザイナーズ物件」 6月上旬入…

My favorite Tokyo~#157 夜空の現在地。

東京の夜は明るすぎる。 光害なんて言葉もあるけれど、雲の現在地も分かる街って、それはそれで悪くないと思う。 夜空の現在地。 日本一の、(今は)世界有数の街だもの。

My favorite Tokyo~#156 誰かの足跡

先日、普段大変お世話になっている方から 「ハイブランドと東京の不動産と切り口で面白い話いっぱいありそう」 というアイデアを頂き、ハイブランドには全く無関心なのですが、これを機に勉強です。 お応え出来ているか?ですが、早速書いてみます。(ファッ…

My favorite Tokyo~#155 続。I love Tokyo and thank you Brooks!!

昨日も I love Tokyo and thank you Brooks!! 足とシューズの状態が良く、寄り道をしてしまい、思いがけず25キロラン。 恵比寿→田町(物件の撮影)→レインボーブリッジ→お台場→有明→勝どき→築地→銀座→東京タワー→六本木ヒルズ 本当に東京は素晴らしい街。 …

My favorite Tokyo~#154 I love Tokyo and thank you Brooks!!

昨日は久し振りの外のラン。 お天気の良さと街のリズムとシューズとアスファルトのレスポンスが心地よくて、皇居ランだけのつもりが気の向くままに、あちらこちらに行ってみました。 実は入ったことのない増上寺や愛宕神社も。 いつの間にか東京観光。 でも…

My favorite Tokyo~#153 メロディーさえ描ければ、詩なんて必要ないのに。

昨日は、ありがたいことにいくつかのお誕生日の席にお邪魔させて頂きました。 とても幸せ時間でした。 東京と地方との差異を語る時、主に物質的な部分やイベント、お金の部分の有無で判断されることが多いのです。 ※あくまで僕調べ。 僕自身それらを否定はし…

My favorite Tokyo~#152 信濃町の線路

信濃町駅から新宿方面の伸びる直線に僕はいつも思わず足をとめてしまいます。 緑と線路の向こうに視線がたどり着くのは、オペラシティ。 神宮球場の方面に行くとき、外苑前駅を使用される方が多いと思いますが、たまには信濃町からはどうでしょう。 必然と外…

My favorite Tokyo~#151 地下鉄だけの街(広尾・有栖川公園)

昨日は外出の際、少し寄り道散歩。 広尾駅にある有栖川公園に行ってきました。 東京とは思えない光景が広がっています。 歩いてみると分かりますが、この辺はちょうど台地の境目です。 なので、起伏が激しく、それが公園に彩をもたらしています。 東京って、…

My favorite Tokyo~#150 スカーイ・ショット!!(六本木ヒルズの展望台)

スカーイ・ショット!! 六本木ヒルズの展望台にある記念撮影サービスのポージングの時の掛け声です。 この担当の方が実にナイスガイなんです。 六本木ヒルズからの景色が好きになりすぎて、いつの間にかアルバイトから社員になった方。 3年前から見かけてい…

My favorite Tokyo~#149 続、子供がいなくても、フリーダム。(再開発がもたらす可能性)

昨日の内容を大幅にリライトしました。 子供の日。長文です。 子供は社会の宝だし、保育士さん達の待遇を改善したり、託児所を増やしたり。女性が、夫婦が働きやすい環境を整えることも大事だと思うけれど、僕は1番の少子化対策(←そもそも問題?)って、 子…

My favorite Tokyo~#148 子供がいなくても、フリーダム。

今日は東京タワーまでお散歩に行ってきました。 鯉のぼりが気持ち良さそうでした。 さて、明日はこどもの日。 こどもは社会の宝。 心からそう思います。 子供を持っている女性も働きやすい社会に。 それも大賛成です。 一方で少し前に話題を呼んだように、子…

My favorite Tokyo~#147 鎗ケ崎の交差点(恵比寿・代官山・中目黒)

「鎗ケ崎」と書いて、「やりがさき」と読みます。 お恥ずかしながら、僕は初め読めませんでした。 いくつもある東京の交差点の中で、ここの交差点が好きです。 特に恵比寿から中目黒方面に歩いて、下り坂に差し掛かるあたり。 渋谷駅からの地下を抜けてきた…

My favorite Tokyo~#146 The last excuse(歌舞伎町の信号)

歌舞伎町に渡る信号です。 僕は東京にいる人って、東京で生まれ育ってない人って、どこかこの街にいる理由だったり、どこか自分自身に言い訳をしながら生きている気がしています。 余程覚悟を決めていない限り。 なぜ東京じゃなくちゃダメなんだろう? 東京…

My favorite Tokyo~#145 人がいっぱい詰まっている場所。

今日はちょっと時間空いたので、久し振りの歌舞伎町~ゴールデン街を散歩。この辺を歩いたのは、何年ぶりだろう。 普段、賃貸オフィスを生業をしている僕にとっては、中々ご縁がないエリア。ただ、田舎者の僕にとっては、一種の幻想と憧れでもあったエリア。…

My favorite Tokyo~#144 外の景色が見えるエレベーター

雑な写真ですみません。 これは渋谷のヒカリエのエレベーター内です。 東京にはこのヒカリエのエレベーターのように、「外の景色が見えるエレベーター」がいくつもあります。 ただでさえ、カオスな街並みの東京。 拍車をかけるように、あちらこちらで再開発…

My favorite Tokyo~#143 ところ変われば(スポーツジム)

僕は時々、「エニタイムフィットネス恵比寿店」でもっぱらトレッドミルで汗を流します。エニタイムフィットネスは他の店舗の利用も可能ということもあり、今日は、気分転換に「南麻布2丁目店」に行ってみました。 6月12日(日)に故郷の富山県高岡市で行…

My favorite Tokyo~#142 あの川を渡るのはあなた(渋谷川)

あの鐘を鳴らすのはあなたと歌ったのは和田アキ子さん。 あなたはもう忘れたかしら。と歌ったの、かぐや姫(神田川) 春の小川は、さらさら行くよ♪ 唱歌「春の小川」の舞台になったのは、「渋谷川」 渋谷川とは、渋谷駅「下」~広尾駅の方まで流れている幅3…

My favorite Tokyo~#141 団地夜景

東京には、かつて「東洋一」と言われた「高島平団地」のように、多くの大規模な団地があります。 これも中々地方にはない、東京の特徴のひとつです。 東京には多くの有名な夜景スポットがあります。それはそれで美しいのですが、「団地夜景」も中々味があっ…

My favorite Tokyo~#140 夜景の美しさの理由

今日は日没を待って、物件からの夜景の撮影でした。 地上推定140メートルからの素晴らしいビュー。 レインボーブリッジやお台場、羽田空港、品川。 お部屋に行くまでの通路からは東京タワーも。 ふと思いました。 景色を見ることに惹かれるのは著名な建造物…

My favorite Tokyo~#139 手軽になりたい自分に。永久脱毛しました。

人は誰もがコンプレックスを抱えています。僕もそうです。 東京には解決してくれる手段が多くあり、誰かに相談しても、どんな自分でもみんな受けれくれる(いろんな人がいることに慣れている)空気があります。 ただ他人にあまり関心がないだけかもしれませ…

My favorite Tokyo~#138 continueのある街

東京はいつだってbrand-newを求めています。それはそれは面白いし、それがこの街の魅力だって思っていました。でも、ふと思いました。僕たちは実はbrand-newよりもcontinueを求めている。新しい何かに出会うことも好奇心を刺激していてやまないのですが、あ…

My favorite Tokyo~#137 外堀通り(飯田橋~市ケ谷)

皇居のお堀の外側をぐるっと一周している通り、外堀通り。 飯田橋、市ケ谷、四谷、赤坂見附、虎ノ門、新橋、銀座、東京駅、御茶ノ水。 地形と景色が目まぐるしく変わります。 この通りを通る度に、日本を動かすのはその他大勢の声よりも、山手線よりももっと…

My favorite Tokyo~#136 垂直を生きる。

建物のだらけの東京。 その景色は垂直はだらけです。 毎日がロッククライミングならぬ、「ウォール」クライミングのようで。 足を滑らせてしまうと、すぐに真っ逆さまに落ちて、その分、登った時は気持ちよくて。 登るか落ちるか。 都会と田舎の雰囲気・時の…

My favorite Tokyo~#135 景丘町(恵比寿4丁目)

東京の街を歩いていて思うことが、時々出会う「崖」の使い方が絶妙だということです。例えばアークヒルズあたり。例えば西郷山公園(代官山のTSUTAYA方面)あたり。建物と景色の調和が美しいもあり、懐かしくもあります。今日、出会った崖は恵比寿4丁目。恵比…

My favorite Tokyo~#134 西新宿グレー

西新宿の超高層ビルが好きです。それは僕が「東京=超高層ビル」と頭に植えつけれて育ったせいではありません。僕が好きな理由は ・人の生活の中から「住」を排除して、「働」に徹しているような雰囲気 ・ひとつひとつのアメリカのモニュメント・バレーのよ…

My favorite Tokyo~#133 土があることを忘れるな。

空が狭いと嘆くのに、建物は空へと延びていく。 空気が汚いと嘆くのに、渋滞は減らない。 そんな矛盾した感情を持つ、東京が好きです。 余談ですが、東京は喘息など大気汚染に起因すると思われる疾病がある方には助成金があるんですね。 ※要件あり。詳しくは…

My favorite Tokyo~#132 午前7時の六本木。

日曜日の午前7時の六本木の雰囲気も中々心地良いものがありました。(ゴミ以外) 本日は珍しく午前8時から物件のご案内があり、こんな時間に六本木に行くことはないので、散歩。 その一夜の余韻を味わうかのように、名残り惜しそうに駅を向かう人々。 改札で…

My favorite Tokyo~#131 生まれる

オフィスの近くに来週のオープン予定の新しい商業施設。 工事もラストスパート。土曜日の22時。 赤ちゃんが成長を止めない様に、東京も前だけを見ている。 商業施設オープンラッシュの東京。 入った時の一歩目の胸の高鳴りは、そこに日本初やbrand-newがある…

My favorite Tokyo~#130 東京リズム

1日1日。つながっているがっているようで、程よくリセットされて。時間も人間関係も。もちろん、大切なものはそのまんまで。夕暮れの駅に向かう人々の足音も心地よくて。帰る場所があるっていいなって思ったり。朝は電車の中でもみくちゃになりながらも、当…

My favorite Tokyo~#129 過ぎた時間

過ぎた時間を刻まないことが東京のルールのようで、そのリズムが心地良くて、favorite。今週もあっという間の1週間でした。東京時間は本当に早い。お疲れ様でした。

My favorite Tokyo~#128 この坂を超える時。霞坂(西麻布)

この場所の名に「霞」とつくには、深い意味がある気がして、通る度に思わず立ち止まってしまいます。 渋谷から六本木に向かう途中。 ちょうど谷底になっているような場所。 ここを「西麻布」と呼びます。 見上げれば六本木ヒルズ。 時計の針がてっぺんに向か…

My favorite Tokyo~#127 25時半の新橋グルメ通り(恵比寿)

終電を過ぎた東京の街が好きです。 特に25時半あたり。 特に新橋グルメ通りあたり。 ※恵比寿なのに、なぜ新橋なのか?僕はまだ分かりません。 恵比寿駅周辺でご飯を食べて、程よく酔っ払った後は、大体この道を通ります。 僕が恵比寿に住みたいって思ったの…

My favorite Tokyo~#126 ひとつだけ隣の道。

昨日の帰り道はふと思い立って、いつもよりひとつだけだけ隣の道を通ってみました。 そこには今までとは全く違う東京がありました。 自分だけの東京タワーを見つけたような。 ついつい東京タワーのことばかり書いてしまう田舎者め。 もしもあの時は違う道を…

My favorite Tokyo~#125 窓の開くオフィス

ご経験がある方もいらっしゃると思いますが、自然の風を感じることのできる窓の開くオフィスって、ありそうでなさそうで、なさそうであって、重宝されます。 そして、働いてみると気持ち良い。 一時、物件選定の条件として「窓の開くオフィス」が多くあげら…

My favorite Tokyo~#124 大塚=東京

もしも「東京=カオスな街」であるとすれば、僕はその象徴が大塚駅であると思っています。 北口は商店街と風俗店。 僕がこの業界に入って、大塚駅の賃貸オフィスビルのご案内をしている時、ビルの目の前にそんなお店があり、「ちゃんと調べておけよ!!」と…

My favorite Tokyo~#123 過程だらけの街。

去年の秋くらいに、 ・東京には何もない。 ・東京には遊びの結果しかない。 ・地方・田舎には自由があって、自然なんかで遊びと、予期せぬことも起きて遊びにプロセスも可能性もある。 そんな記事を見ました。 人の東京への感じ方の違いなので、僕は反論はし…

My favorite Tokyo~#122 原宿は誰のもの?大人の原宿

原宿はティーンネージャーの皆さんと観光客の方達だけのもの。 特に竹下通りあたりには、拒否反応を示す大人の皆さんも多いことも事実です。 僕もこんな仕事をしておきながら、少々苦手なエリア。 でも、大人だって楽しむことの出来る街。 その場所は原宿駅…

My favorite Tokyo~#121 六本木ヒルズと4月の空の距離感

移動中に思わず通りすぎて戻った写真を撮った景色です@渋谷2丁目の信号から六本木ヒルズ方面。東京タワーのさきっちょも少し。3月の空は遠くて、5月の空ははっきりしすぎていて。4月の空の距離感のあいまいさと優しい希望にも似た雰囲気。今日、今年初めて東…

My favorite Tokyo~#120 大人が青春を欲しがるな。

コカ・コーラをアルコールに変え、ベロンベロンに酔っ払う人。 明日仕事なのに。 口笛をサックスに変え、音を楽しむ人。 あの頃の叫びを歌声に変える人。 音程が合っているかは分かりません。 ママチャリをハイカラなBicycleに変え、ひたすら漕ぐ人。 東京…

My favorite Tokyo~#119 今日と明日が繋がる場所

決して忙しいアピールでも何でもないのですが、時々、仕事が立て込んで終了するのが、24時を超える時もあります。 そんな時は必ずオフィスの近くのコンビニにエネルギー補給に行きます。 夜食を買ったり、帰り道に家でのご飯が我慢できなくなって、つまんだ…

My favorite Tokyo~#118 欲望だらけをもう一度。

車も部屋も洋服もスキルも。 何にもかもが分け合う自分になってきました。 自分の力では出来なかった、届かったことが、手が届きそうな位身近になって、それはそれで素晴らしいだと思います。 僕もその恩恵を受けています。 住まいも仕事も賃貸派だし、もの…

My favorite Tokyo~#117 アーティスト・イン・ホテル

写真は新虎通り(虎ノ門ヒルズがある通り)から見た、汐留の超高層ビルです。 この中にある「パークホテル東京」で、大変面白い企画をやっています。 客室全体をアーティストが装飾する企画、「Artist in Hotel」 詳細はこちら。 こんな素晴らしい企画がある…

My favorite Tokyo~#116 選ばない勇気。

僕の住んでいる恵比寿に、新しい商業施設「 アトレ恵比寿西館」が一昨日オープンし、大変な賑わいをみせているようです。 ※写真は新宿駅の東口の様子です。 正直、僕は全く興味がありません。 むしろ、この「 アトレ恵比寿西館」は恵比寿の街の良さを減退さ…

My favorite Tokyo~#115 ヒトと出会う。追伸。FACEBOOKをやめました。

東京で生きることの醍醐味は「ヒトとの出会い」です。 東京の主語は「アスファルト」でもなく、「コンクリート」でもありません、 ものでもありません。 「ヒト」です。 今日でFACEBOOKをやめました。 主な理由は、僕は人の一生を左右する仕事をしているのに…